HOME > 目的別で探す > サポート技術情報 > 一部のWindows Vista搭載パソコンで、パソコン内蔵のWi-Fi(無線LAN)機器が正常に通信を行えない場合がある件

一部のWindows Vista搭載パソコンで、パソコン内蔵のWi-Fi(無線LAN)機器が正常に通信を行えない場合がある件

対象製品

Aterm Wi-Fi親機 全般

現象

一部のWindows Vista搭載パソコンで、パソコン内蔵のWi-Fi(無線LAN)機器がWi-Fi(無線LAN)接続ができ、IPアドレスも取得できているのにも関わらず、インターネット上のWebサイトが閲覧できない場合や、同一LAN上の機器に対して、Wi-Fi(無線LAN)通信が行えない場合があります。

原因および見解

パソコン内蔵のWi-Fi(無線LAN)機器側で、特定のパケットを正常に受け取れていないことが原因と考えられます。

参考 : 本現象が確認できた、パソコンに内蔵のWi-Fi(無線LAN)機器

AR5006EG、AR5006EX、AR5006EXS、AR5007BC、AR5007EG、LAN-Express AS IEEE 802.11g PCI-E adapter、UGJZ1-6、UGJZ1-9、11a/b/g MiniPCI など

対処方法

パソコン内蔵のWi-Fi(無線LAN)機器側で、ドライバを更新することで改善する場合があります。

ドライバの更新方法などについては、お使いのパソコンメーカーにご確認ください。

パソコンメーカーから更新されたドライバの提供がない場合は、有線接続や、お使いのパソコンで使用可能な外付けWi-Fi(無線LAN)子機の導入をご検討ください。

※ 弊社の外付けWi-Fi(無線LAN)子機の製品情報については、AtermStationの製品一覧よりご確認ください。
(ご検討の際は、製品比較表Aterm シリーズ無線LAN製品接続情報もあわせてご確認ください。)