USB・カード子機を接続したWindowsパソコンを、Aterm親機にWi-Fi(無線)接続したい [ネットワーク名(SSID)と暗号化キーを選択・入力して接続する場合]

No. 00264

USB・カード子機を接続したWindowsパソコンを、Aterm親機にWi-Fi(無線)接続したい
[ネットワーク名(SSID)と暗号化キーを選択・入力して接続する場合]

公開日 2009/09/29 最終更新日 2019/01/15

回答

Wi-Fi(無線)接続を行うには、サテライトマネージャ・らくらく無線スタートおよびUSB・カード子機の専用ドライバが含まれた『Aterm WARPSTARユーティリティ』のインストールが完了している必要があります。

『Aterm WARPSTARユーティリティ』のインストールが完了している場合は、そのまま手順にお進みください。

ご注意

『Aterm WARPSTARユーティリティ』のインストールが完了していない場合は、対象機種のソフトウェアページ(WL130NC / WL300NC / WL300NC-G / WL300NU-AG / WL300NU-G / WL54AG・WL54AG-SD / WL54SC / WL54SC2 / WL54SU / WL54SU2 / WL54TU)よりご入手ください。

インストール手順は、『Aterm WARPSTARユーティリティ』のインストール手順をご覧ください。

なお、WL300NU-GS・WL450NU-AG・WL54GC・WL54GU・WL900Uは、本手順の対象外になりますので、事前にソフトウェアページ(WL300NU-GS / WL450NU-AG / WL54GC / WL54GU / WL900U)で専用ドライバをダウンロード・インストールの上、「Wi-Fi(無線)搭載パソコン(Windows)を、Aterm親機にWi-Fi(無線)接続したい (ネットワーク名(SSID)と暗号化キーを選択・入力して接続する場合)」に掲載の接続手順で設定を行ってください。

(この「ご注意」内にあるリンクは、すべて別ウィンドウで開きます)

本手順は、他のWi-Fi(無線)親機への接続が行われていない状態、パソコンのETHERNET(LAN)ポートに他の通信機器が接続されていない状態で行ってください。

事前準備

設定には、Aterm親機本体のラベルなどに記載されているネットワーク名(SSID)暗号化キーが必要です。

機種ごとの記載個所については、ネットワーク名(SSID)と暗号化キーは、どこに記載されていますか?をご覧ください。

ネなお、記載されているネットワーク名(SSID)と暗号化キーの値を任意で変更している場合は、クイック設定Webより変更後の値をご確認ください。

ネットワーク名(SSID)と暗号化キーを確認できるように、Aterm親機の近くで設定を行っていただくか、あらかじめメモを取っておいてください。

  1. 『Aterm WARPSTARユーティリティ』がインストールされたパソコンに、USB・カード子機を接続してください。

    ご注意

    USB・カード子機の専用ドライバがインストールされていない場合は、専用ドライバの自動インストールが行われますので、インストール完了まで操作を行わずお待ちください。

    インストールが完了すると、以下のような内容が画面右下に表示されます。

    * OSにより表示内容に多少の違いがあります。上の画像はWindows 7です。
    * Windows XPでは、インストール完了時に上のような内容は表示されません。

  2. サテライトマネージャを起動してください。起動方法はOSにより異なります。

    • Windows 10の場合 : デスクトップ画面の左下にある「(スタート)」-「Aterm WARPSTARユーティリティ」-「サテライトマネージャ」を選択してください。
    • Windows 8.1 / 8の場合 : スタート画面から「サテライトマネージャ」を選択してください。
    • Windows 7 / Vista / XPの場合 : パソコン画面左下の「(スタート)」-「すべてのプログラム」-「Aterm WARPSTARユーティリティ」-「サテライトマネージャ」を選択してください。

    サテライトマネージャが起動すると、パソコン画面右下にアイコンが表示されます。

    アイコンは接続状態によって、表示内容が異なります。

    ご参考

  3. アイコンを右クリックして、「プロパティ」を選択してください。

    ご参考

    サテライトマネージャのアイコンが隠れている場合は、「△」を押すと表示されます。

  4. 手順冒頭の事前準備で確認したAterm親機のネットワーク名(SSID)を選択して、【設定】ボタンを押してください。

    ご注意

    本手順の画像に表示されているネットワーク名(SSID)は、一例で架空のものです。

  5. 「ワイヤレスネットワークの設定画面」が表示されますので、暗号化の設定を行います。

    暗号化モードの選択と、手順冒頭の事前準備で確認したAterm親機の暗号化キーを入力して、【登録】ボタンを押してください。

    暗号化キーは、Aterm親機に記載されているとおり(大文字は大文字(半角)、小文字は小文字(半角))入力してください。

    ご参考

    暗号化モードの選択内容は、選択したネットワーク名(SSID)によって異なります。

    • 「aterm-xxxxxx-g」「aterm-xxxxxx-a」「aterm-xxxxxx」の場合

      暗号化モードで「WPA2-PSK(AES)」を選択の上、暗号化キー(*1)を入力してください。

      xxxxxxの部分は、「0」〜「9」、「a」〜「f」で構成された半角6文字です。

    • 「aterm-xxxxxx-gw」「aterm-xxxxxx-aw」「aterm-xxxxxx-w」の場合

      暗号化モードで「WEP」、暗号強度で「128bit」、指定方法で「英数字(13桁)」を選択の上、暗号化キー(*1)を入力してください。

      xxxxxxの部分は、「0」〜「9」、「a」〜「f」で構成された半角6文字です。

    • 「WARPSTAR-XXXXXX-G」「WARPSTAR-XXXXXX-A」「WARPSTAR-XXXXXX」の場合

      暗号化モードで「WPA2-PSK(AES)」を選択の上、暗号化キー(*1)を入力してください。

      XXXXXXの部分は、「0」〜「9」、「A」〜「F」で構成された半角6文字です。

      Aterm親機が、WR8500N・WR8400N・WR8200N・WR8100N・WR4500Nの場合は、暗号化モードで「WPA-PSK(AES)」を選択の上、暗号化キー(*1)を入力してください。

      Aterm親機が、WR7870S・WR7850S・WR7800H・WR6670S・WR6650S・WR6600H・WR1200Hの場合は、暗号化モードで「WEP」、暗号強度で「128bit」、指定方法で「英数字(13桁)」を選択の上、暗号化キー(*1)を入力してください。

    • 「WARPSTAR-XXXXXX-GW」「WARPSTAR-XXXXXX-AW」「WARPSTAR-XXXXXX-W」の場合

      暗号化モードで「WEP」、暗号強度で「128bit」、指定方法で「英数字(13桁)」を選択の上、暗号化キー(*1)を入力してください。

      XXXXXXの部分は、「0」〜「9」、「A」〜「F」で構成された半角6文字です。

      *1 : サテライトマネージャのバージョンが古い場合、「WPA2-PSK(AES)」「WPA-PSK(AES)」を選択した場合は「WPA暗号化キー(PSK)」に、「WEP」を選択した場合は「WEPキー 1番」に、暗号化キーの入力を行います。

    ご注意

    本手順の画像に表示されている暗号化キーは、一例で架空のものです。

  6. 接続作業が開始されますので、完了までしばらくお待ちください。

    接続が完了して「ネットワーク一覧」を確認すると、接続したAtermのネットワーク名(SSID)の左横に以下のアイコンが表示されます。

    【閉じる】ボタンを押して、画面を閉じてください。

    以上で設定は完了です。

    ご参考

    ネットワーク名(SSID)の左側のアイコンが、で表示された場合は、【スキャン】ボタンを押してください。

    設定が正常に完了していれば、画像のような青色のアイコンが表示されます。

本手順は動画(ムービー)でもご覧いただけます

この手順を動画で見る

より良いサポート情報ご提供のため、アンケートにご協力をお願いいたします。

この情報は役に立ちましたか?

対象機種

W300P、W500P、WF300HP、WF300HP2、WF800HP、WF1200CR、WF1200HP、WF1200HP2、WG300HP、WG600HP、WG800HP、WG1200CR、WG1200HP、WG1200HP2、WG1200HP3、WG1200HS、WG1200HS2、WG1200HS3、WG1400HP、WG1800HP、WG1800HP2、WG1800HP3、WG1800HP4、WG1900HP、WG2200HP、WG2600HP、WG2600HP2、WG2600HS

WR4100N、WR4500N、WR6600H、WR6650S、WR6670S、WR7800H、WR7850S、WR7870S、WR8100N、WR8150N、WR8160N、WR8165N、WR8170N、WR8175N、WR8200N、WR8300N、WR8370N、WR8400N、WR8500N、WR8600N、WR8700N、WR8750N、WR9300N、WR9500N

WL130NC、WL300NC、WL300NC-G、WL300NU-AG、WL300NU-G、WL54AG、WL54AG-SD、WL54SC、WL54SC2、WL54SU、WL54SU2、WL54TU

※主な対象機種は、現行機種および2004年以降に発売されたブロードバンド機種です。